NY・CHICAGOの旅ー4−
11月8日(4日目)
チェルシー。
まずは映画「チェルシーホテル」の舞台ホテル・チェルシーへ。
フロントはおじさま3人が普段着の装いで応対している。
天井には古ぼけた天使、壁にはたくさん絵が飾られてあって、
ちょっと異様な雰囲気だったけど、
このロビーで多くの著名人達が歓談したのねと思うとソファーに深く腰掛けずにはいられなくなった。
頭の中ではイーサンホークの「チェルシーホテル」ではなく、
ヴィムベンダースの「ミリオンダラーホテル」の映像が流れている。
戻ってからまた観てみよう・・・

チェルシーはギャラリーが充実している街。
ある程度目標を定めていかないと一日では足りないボリュームだった。
いろいろ見て回ったけれど、記憶として鮮明に残っているのは、
ウェストチェルシーの「コムデギャルソンストア」かな。
煉瓦造りの倉庫に全く異質の素材と空間を入れ込んであって「子宮回帰」を連想させる面白いアプローチだった。
ランチはミートパッキングのカジュアルフレンチ「PASTIS」に行く。
フレンチという単語に騙されてしまった(^^;
やはりここもモリモリ、一皿目で飽きてしまった。アメリカ食、全て多すぎる!

夜はブルーノートへ。
ーデビッドサンボーンー
最高〜。

4日目終了
e0070236_8444381.jpg
by amanesakamoto | 2005-11-24 23:55 |
<< ツィム・ツム/紫牟田 和俊 姉歯建築設計事務所 >>